忍者ブログ
何もないところがいいところ。
2017/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月14日から2泊3日で九州は熊本、福岡を回ってきました。
目的は、泰阜村で今取り組んでいる農藝塾の目指す目標「就農1年目で手取り300万稼ぐ
ためのモデルケース作り」を既に実現しているところが熊本県にはあります。

農業生産法人「キッチンガーデン」さんです。
現会長である西山正一氏ご夫妻2人でソイルブロックで作った苗の販売、そこから農家として
野菜の精算、そして今は研修生を受け入れながら農業生産を行う株式会社として活躍されています。

西山氏に実際に圃場や育苗センターを案内してもらいながらいろんな話を聞かせてもらいましたが、
非常に農業に対して熱い気持ちを持たれている方だということはすぐに分かりました。

「ソイルブロックによる生産システムは、新規就農者に対して非常に効果的なもので、特に中山間地
の狭い土地しかないようなところでは決して古い技術ではなく、これからの技術である」と実際に
そのソイルブロックを作ってやっている身からすると、こっちまで熱い気持ちにさせてくれるような、
そんな頼もしい言葉に勇気づけられました。

029_ks.jpg 6a488a36.jpeg 031_ks.jpg
033_ks.jpg
ソイルブロックを含める移植栽培の要とも言える育苗ステージにおいて、育苗が順調に行っている
ことを物語るに十分なものが揃っていました。
土壌診断キットを自前で揃えて、自ら土壌診断よる施肥設計を行い、その都度施肥量を変える、と
いったこだわりよう。そのこだわりに応えるように根がしっかりブロックを抱えるように生えていました。
040_ks.jpg 047_ks.jpg
棚が移動式になっており、女性でも一度に大量の育苗箱を遠くまで移動させることを可能にして
います。作る苗箱の量がとても多いので、作業効率を図っていることが至る所で見受けられました。
f316e2e7.jpeg 056_ks.jpg 
ソイルブロック本来の利点である「植えずに置くだけ」というのをまさに絵に書いたように実践されて
いました。潅水設備も充実しているため、手間も省けるだけでなく、初期活着もスムーズにいきます。
058_ks.jpg 059_ks.jpg
そんなに根が張っていないようにもみえますが、ひっくり返すとちゃんと地面に向かって根が伸び
ていました。

071_ks.jpg b7f31a0d.jpeg
ミニチンゲンサイがこれから先の販売品目の主流になるそうです。

キッチンガーデン一帯は、赤土土壌であり保水性に富むので野菜がおいしく出来る土壌がある、
まさに地の利を活かしているところも感心してしまいました。

この方法を最大限に生かした場合、10a(1反)あれば、700万程度売上を上げることができるし、
手取りも400~500万円は行ける、と考えているそうです。
なので、泰阜村のようなまとまった土地がなく、飛び地飛び地で畑を確保できるようなところでも
1人10a、10人集まれば、既に1ha(1町)が農地として利用されるだけでなく、それぞれが生活できる
農業、農業で生活が出来るモデルになれるんです。

おかげ様で、キッチンガーデンが今後もお互いにより良くなるように一緒に頑張っていきましょう、と
全面協力を約束していただいたので、これからの泰阜村の活動がより良いものになることは
間違いないと確信しています。

次回は福岡県久留米市の月のリズム研究会の参加の様子について書きたいと思います。






拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/14 backlink service]
[11/11 takerururu]
[10/25 おしに]
[10/23 おしに]
[10/17 takerururu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kazu
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/05/08
職業:
地域おこし協力隊(役場嘱託職員)
自己紹介:
新たに地域おこし協力隊を2名加えて、総勢3名で取り組んでいるほうれん草栽培をメインとした村おこし。

今年はなんとしても夏ほうれん草を成功させて、成功モデルケースの土台を固めたいところです。そのためにも、みんなで力を合わせて良い状況に持って行きたいです!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
現在の閲覧人数
フリーエリア

Copyright © おいでなんしょ、おかげ様で田舎です-やすおか村徒然日記- All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]