忍者ブログ
何もないところがいいところ。
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご無沙汰しています。元地域おこし協力隊川上です。
長らく更新が滞ってしまい、楽しみに見て下さっていた方々、すいませんでした。
大丈夫です、生きていますよ(笑)

先日、新居でやっとインターネット接続が完了し、自宅にてインターネットを利用することが
出来るようになりました。
それに伴い、というよりは、朝早くて夕方はちょっと早く帰る、という生活が続いていて、とても
ブログを書こうという気になれなかったのが正直なところです。

最近ようやく自分自身がやっと仕事に慣れてきたということもあって、新たにブログを始めること
にしました。
無理のない範囲で更新していきますので、こちらを引き続きご覧いただければ嬉しいです。

なお、現在のこのブログはこれにて更新を終了します。
ブログの規約が改定されて、6ヶ月以上更新がないブログは自動的に削除されることになったそうで、この
ブログもそういう運命になるかと思います。


約3年間継続して更新してきたブログですので、寂しい気持ちもありますが、気持ちも新たに、ブログも新たに
してやっていきますので、どうぞよろしくお願いします。

↓新しいブログです↓
顔晴ってやっぺ!-元協力隊徒然ブログ-

拍手[2回]

PR
緑のふるさと協力隊及び地域おこし協力隊では、今年度最後となる活動報告会を下記の通り開催します。参加申し込みの〆切は今週2月24日(金)です。(連絡先:080-6147-0259(川上))
当日は、緑のふるさと協力隊鷹觜さん、小川くん及び私川上の退任式を兼ねた懇親会も予定しております。どうぞふるってご参加ください!!


日時:  平成24年3月3日(土) 17:00~
場所:  泰阜村役場2階 集会室
内容:  17:00 開会/松島貞治村長 挨拶
             17:05 地域おこし協力隊 今年度最終報告/質疑応答
             17:30 緑のふるさと協力隊 今年度最終報告/質疑応答
             17:55 協力隊の新しい取り組み-道路標識調査の結果と進捗状況-
       18:10 閉会
       18:15 懇親会兼退任式(泰阜村役場食堂)~20:30                
            懇親会費1人2000円


拍手[0回]

タイトルの通り、今年の3月をもって、3年間活動した泰阜村を離れることになりました。
突然のことで驚く方も多いかと思います。それもそう、つい半月ほどのうちに決まったことです。
どのタイミングでお知らせしようか迷っていましたが、迷うくらいなら報告したほうがいい、と思い書き綴ります。

退任後は、住所を茨城県に移して、農業生産研究分野で、農家の方々のサポート役として4月から働くことになります。

しかし今泰阜村では、現在ほうれん草栽培を中心とした、新規就農者モデルケースづくりの最中。

今まで1年近く一緒にやってきた協力隊に不安を残すだけになってしまう、せめて引き継ぎだけはしっかりとと思って、来年3月の任期満了で泰阜村を離れる予定だったのを、今年の9月退任に半年前倒しすることをを希望していました。

しかし、「任期途中での退任というよりも、年度が切り替わる今年の3月で離れたほうがすっきりするだろうし、新しい仕事先で働くにしてもそのほうがいいだろう」ということで、今年の3月に離れることになりました。

決め手はもちろん役場の方の後押しもありますが、それ以上に同僚である地域おこし協力隊からの後押しが大きかったです。僕が去ることによって次年度に向けて作っていた活動計画も修正を余儀なくされましたが、それも徐々に形になりつつあります。

僕が今まで取り組んできた、ほうれん草の栽培マニュアルも今すこしずつ形にしています。残る協力隊に不安をなるべく残さないように、活動に集中できるように、できることをやっていきたいと今は思っています。


決めた以上、後は前に進むのみ!後悔はしません。
内定を蹴って、泰阜村に来たことも全く後悔はしていません。
する必要もない。だって自分が決めたことなんだから。
結局何をするにも、最後に決めるのは自分なんですよね。

最後は今までいろんな面でお世話になった方々に挨拶回りをして、飛ぶ鳥跡を濁さず、泰阜村
を離れます。

拍手[2回]

泰阜村では、こちらが相手を知らないのに、相手がこちらを知っていることがちょくちょくあります。
そんな休日の今日もそんなことがありました。


昨年の夏に、同じ泰阜村の別の集落に住んでいる人(同じ高校の1学年違いの友達同士)が、もう何十年も泰阜村で会っていない、どうしているかなぁ、という話を聞き、まだ一度も行ったことのなかったというそのお宅に行って、何十年ぶりかの再開を果たした、ということがありました。

その時、「せっかくなので記念写真を取りませんか」

と提案して、1枚撮って現像していたのですが、それをなかなか渡せずにいたのです。
その写真を今日渡しに行ったところ、そのおばあちゃんではないんですが、別のおばあちゃんが、

「ほうれん草持って来てない?」

と聞いてきました。
僕は知らない人でしたが、相手は僕のことを知っていました。
しかもほうれん草を作っている、ということも。

今までほうれん草を作っていても村の人からそういった話を聞くことは多くはありませんでした。
しかし、ここ数ヶ月そういった声をあちらこちらで耳にします。それも面識の無い方からの声です。

それは、緑のふるさと協力隊が集落訪問に限らず、あちこちでほうれん草のことをPRしているからなんだと思います。それだけほうれん草が泰阜村の特産品とまではまだ行きませんが、着実に定着しつつある、ということの表れです。


泰阜村のほうれん草は間違いなく他の産地と比べて良い品質のものです。
ほうれん草が泰阜村の特産品となる日もそう遠くないのではないでしょうか。

拍手[0回]

飯田合同庁舎にて、青年農業者成果発表会があり、発表者として参加しました。
82716cff.jpeg
発表内容は、前回滋賀県の地域おこし協力隊研修会で発表した内容と同じでしたが、

「泰阜村の農業振興に対する取り組みについては、話には聞いていたけれど、今回発表を聞いて、改めて泰阜村で頑張っていることを知った。これからも頑張って欲しい」

「今後協力隊が増えていく状況で、新しい風をもっと泰阜村に吹かせていって欲しい」


といった意見をいただきました。

今回、興味のあったのは、有限会社トップリバーの嶋崎さんの講演会でした。
それは、「農業で生活できるモデルケース作り」を目指す農藝塾の目指す方向と重なる部分があり、参考になると思ったからです。以下講演会でのメモ書きです。

◯作れば売れる、いいものを作れば売れる時代ではなく、今は「お客様に喜ばれるものを作る」時代
◯農と農業は違う。農業は利益を出さない限り存続できない。
◯農業の活性化ではなく、農業”経営”が活性化すれば地域が活性化する。
◯大規模化することで利益を生み出し、雇用を生み出し、納税率を上げる。(大規模化できるところとそうでないところもあり一概には言えないが大規模化することによるメリットは多い)
◯日本の自給率は70%(生産額ベース)
39%や40%というのはカロリーベースであり、カロリーベースで自給率を出す国は殆ど無い(韓国や日本くらい)→野菜や果物などはカロリーが低く、逆に肉や小麦などはカロリーが高い。つまり、肉や小麦の生産量が少ないだけで必然的にカロリーベースでは数字が低くなる。

農藝塾の発表も聞いていただいていたようで、アドバイスをいただきました。
「硝酸が少ないから良い、というのはわかるが、硝酸が多いほうれん草は売れないか、というとそうではない」
と始まり、「200万や300万売ってもダメで、たくさん作って、たくさん売って、泰阜村のほうれん草を求める人を喜ばせることです」ということでした。

泰阜村において何度も言っている大きな課題というのは、まさにその生産量です。
次年度規模を拡大していきますが、将来的には泰阜村の遊休耕作地を含めた農業を包括的に維持・発展させていく機能も、農藝塾が担っていくのが理想だと思いました。
農藝塾が農業で利益を生み、雇用を生み、税金を納める。それが地域振興につながる。

なんかいろいろとスッキリしました。

拍手[1回]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[05/14 backlink service]
[11/11 takerururu]
[10/25 おしに]
[10/23 おしに]
[10/17 takerururu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kazu
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/05/08
職業:
地域おこし協力隊(役場嘱託職員)
自己紹介:
新たに地域おこし協力隊を2名加えて、総勢3名で取り組んでいるほうれん草栽培をメインとした村おこし。

今年はなんとしても夏ほうれん草を成功させて、成功モデルケースの土台を固めたいところです。そのためにも、みんなで力を合わせて良い状況に持って行きたいです!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
現在の閲覧人数
フリーエリア

Copyright © おいでなんしょ、おかげ様で田舎です-やすおか村徒然日記- All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]