忍者ブログ
何もないところがいいところ。
2017/04月

≪03月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05月≫
[273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

九州出張2日目は熊本から福岡県久留米市へ移動しました。
農事気象学会会員であり、(有)丸富の営業部長である富松氏が組織する「月のリズム研究会」は、
地元農家さんを中心とした学ぶ会で、主に気象学会で発表される長期天気予測や植物生理を基に
それらを農業生産に活かすための考え方をみんなで勉強しています。

会自体は隔月15日の19時スタートで、20時30分までの1時間半。
それでも僕が入った日はみなさん議論が白熱して1時間以上延長しての会終了となりました。

僕は農事気象学会で、局所的な天気予測を作成する「寒だめしクラブ」を担当しており、全国の
寒だめしを作成しています。この日も、会員の方からお願いされていた寒だめしを渡して大変に
喜んでいただきました。また、全国の寒だめしを見ることが出来るようにインターネット上でも公開して
いるので、その説明もさせていただき、みなさんに興味を持って聞いてもらうことが出来ました。

農家さんからやる気を持って良いものを作るために農業生産に取り組める雰囲気がここには
ありました。その点でこの月のリズム研究会というのは、農家さんのやる気を引き出すことに成功
しており、作物の品質を競う産地間競争の土壌ができてきているなぁと感じました。

なにより冨松さんの農家さんからの信頼が厚く、はるばる広島から通っていた農家さんがいたほど。
それは冨松さん自身が、農家さんに少しでも儲かってもらえるように一生懸命に取り組んできた
何よりの証拠です。

泰阜村でもそのような有志組織を作って、村外の刺激だけで変わっていくのではなく、村内からの
変わろう、良くしていこう、という意識を生み出す環境づくりが大事だということを学んできました。
泰阜村でもそういった組織を作るよう計画していきたいと思います。


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[05/14 backlink service]
[11/11 takerururu]
[10/25 おしに]
[10/23 おしに]
[10/17 takerururu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kazu
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1986/05/08
職業:
地域おこし協力隊(役場嘱託職員)
自己紹介:
新たに地域おこし協力隊を2名加えて、総勢3名で取り組んでいるほうれん草栽培をメインとした村おこし。

今年はなんとしても夏ほうれん草を成功させて、成功モデルケースの土台を固めたいところです。そのためにも、みんなで力を合わせて良い状況に持って行きたいです!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
現在の閲覧人数
フリーエリア

Copyright © おいでなんしょ、おかげ様で田舎です-やすおか村徒然日記- All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]