忍者ブログ
何もないところがいいところ。
2017/06月

≪05月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[297]  [296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年はじめて取り組み始めた田んぼ。穂が出揃って、いよいよ稲刈りの季節へと向かって
きました。今の状況では、9月24日(土)に稲刈りを予定しています。
e1bec1c7.jpeg
改良普及センターの方からは「ものすごくたくさん取れるわけではないけれど、一定量は
見込めるだろう」というコメントをいただきました。
正直田んぼについては、田植えの時に手間がかかっただけで、それ以外ほとんど手をつけて
いません。稲は強く、またポイントポイントを押さえれば難しい作物ではない、という話はちらほら
聞いてはいましたが、こんな感じで収穫できてしまっていいのか、という不安にかられるのは
僕だけでしょうか。それでも協力隊が作った米として、みんなで新米食べてみたいな。

今日は午後山菜会議がありました。こちらも今年はじめての取り組みである、竹の子集荷の
延長線で話が進んでいるもの。わらび、ふき、ふきのとうという山菜を”泰阜村の”山菜として売り
込みたい、と相手方。
こちらも、当初一次加工は難しい、という意見を示していましたが、双方意見を交わしている中で、
一次加工の可能性を見出すことができ、有意義な時間だったと思います。
ただ、やはりまだまだ昔の負の遺産を引きずっているのかなぁとも思いましたが。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
無題
楽しみだね。
難しくないといいながら、水の管理や追肥、
稲の様子や状態と相談しながら世話をするのは
やっぱり大変だと思うよ。
ほうれん草は短期だから一回の失敗は次回の
植え直しで取り返すけど
田んぼはやっぱり一回勝負!
その世話をしてきた1年間の時間は貴重だよ。
新米楽しみだね。
おしに 2011/08/25(Thu)22:19:17 編集
Re:無題
楽しみです!稲刈りの時はまたお世話になると思いますので、よろしくお願いします!
【2011/08/26 07:53】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/14 backlink service]
[11/11 takerururu]
[10/25 おしに]
[10/23 おしに]
[10/17 takerururu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kazu
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/05/08
職業:
地域おこし協力隊(役場嘱託職員)
自己紹介:
新たに地域おこし協力隊を2名加えて、総勢3名で取り組んでいるほうれん草栽培をメインとした村おこし。

今年はなんとしても夏ほうれん草を成功させて、成功モデルケースの土台を固めたいところです。そのためにも、みんなで力を合わせて良い状況に持って行きたいです!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
現在の閲覧人数
フリーエリア

Copyright © おいでなんしょ、おかげ様で田舎です-やすおか村徒然日記- All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]