忍者ブログ
何もないところがいいところ。
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は飯田鼎にて、飲食店経営者の方々が集まって勉強会を行う「経営革新塾」というものに
参加をさせていただき、我が泰阜村のほうれん草をPRしてきました。
鼎にあり、ほうれん草を注文していただいた西洋割烹「吉祥寺」さんの紹介で今回のPRにこぎつける
ことができました。
a78f1652.jpeg
泰阜村の特色あるほうれん草も、市場に出ると他のほうれん草と一緒に扱われてしまいます。
手をかけた分、それ相応の評価をしていただける相手と取引をしたい。契約栽培が泰阜村の
ほうれん草が目指す一つの目標です。

泰阜村の農業での最大の弱点は、「生産量」
契約栽培を行う上で、取引先の希望は、「通年安定供給」
契約栽培を実現する上で、泰阜村でのほうれん草は「通年」はクリアしており、あとはいかに
相手の必要量を安定的に供給できるか、というところがポイントだと思います。
年間を通じて一定の価格を維持するかわりに安定的に必要量を供給する、という「責任」を追うのは
当然のことでしょう。

生産量を増やすには、現状のほうれん草農家1人1人の作付面積を増やすか、就農者を増やすか
のいずれかです。やはり希望としては後者。そのためにはこれから少しずつ声かけをしていく必要
があるんですよね。やっとそういうことが出来る状態になってきた、というのが本当のところですが。

今回のPRでは、すぐ取引先を確保する、ということはできないですが、「泰阜村で通年ほうれん草
栽培をやっているんですよ」ということを知ってもらう良い機会だったと思います。
ただ、以前も書きましたが、今後は取引先を増やすということは二の次にして、生産力の強化を第一
に取り組んでいきます。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[05/14 backlink service]
[11/11 takerururu]
[10/25 おしに]
[10/23 おしに]
[10/17 takerururu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kazu
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/05/08
職業:
地域おこし協力隊(役場嘱託職員)
自己紹介:
新たに地域おこし協力隊を2名加えて、総勢3名で取り組んでいるほうれん草栽培をメインとした村おこし。

今年はなんとしても夏ほうれん草を成功させて、成功モデルケースの土台を固めたいところです。そのためにも、みんなで力を合わせて良い状況に持って行きたいです!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
現在の閲覧人数
フリーエリア

Copyright © おいでなんしょ、おかげ様で田舎です-やすおか村徒然日記- All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]