忍者ブログ
何もないところがいいところ。
2017/06月

≪05月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

EMとは「有効微生物郡」のことで、沖縄琉球大学の比嘉照夫教授が土壌改良用に開発した微生物資材
です。
農業分野だけではなく、環境浄化や建築関連にも使用されている汎用性の高さも特徴です。

実は泰阜村でもこのEMを使って果樹を栽培している方がいて、EMを使うことで肥料もほとんど使わなく
なったにもかかわらず、病虫害による被害は激減するとのこと。
EMとイコールではないものの、やはり僕が興味を持っていたこの農法と導入部分では共通点がある
ようです。
この農法は、偶然にも現代農業8月号に掲載されていました。近々買う予定です。

突然なんでEM?となるかもしれませんが、このEMの話を聞いて、これはもしかしたらホウレンソウや
来年度から取り組む干し柿生産にも利用できるのではないだろうか、と思ったからです。

早速今日果樹農家さんに分けてもらった「ストチュウ」という酢や焼酎などの食品を使った天然農薬をホウレンソウ畑に散布しました。
IMG_0008_ks.jpg
虫の駆除というよりは、予防に効果があるということなので、定植してから活着後に使用できるとのこと。
原料は食品なので安全性に問題なく、また農薬と違って人体に影響がないのも魅力です。
経費の面からしても安価に生産できるので、もしEMで高品質ホウレンソウ生産が出来たら、法人化後の
経営面から見てもとても心強いです。

理想は、EM栽培をホウレンソウ栽培の導入部分と位置づけ、最終的にはこの農法のような形にもっていき
たいと思っています。

結局農業はそこにあった自然を破壊して営まれるもの。
ただ自然の摂理にあわせた農業であれば、無理なく継続して続けられます。
そこに無理が生じるために、いろいろな障害が起こってしまうわけです。
そうしないために、微生物の力は存分に利用するべきで、土作りの基本もやはりいかに多様性を保つか、
いかに微生物が活発に活動できる環境を作るか、にあります。

まぁ理論をいくら語っても実際に出来なければなんの意味もないんですがね(笑)

余談ですが、今朝白菜の苗を見に行ったら面白く露が付いていました。というか露なのか?
IMG_0002_ks.jpg

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/14 backlink service]
[11/11 takerururu]
[10/25 おしに]
[10/23 おしに]
[10/17 takerururu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kazu
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/05/08
職業:
地域おこし協力隊(役場嘱託職員)
自己紹介:
新たに地域おこし協力隊を2名加えて、総勢3名で取り組んでいるほうれん草栽培をメインとした村おこし。

今年はなんとしても夏ほうれん草を成功させて、成功モデルケースの土台を固めたいところです。そのためにも、みんなで力を合わせて良い状況に持って行きたいです!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
現在の閲覧人数
フリーエリア

Copyright © おいでなんしょ、おかげ様で田舎です-やすおか村徒然日記- All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]