忍者ブログ
何もないところがいいところ。
2017/05月

≪04月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06月≫
[172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インターネットで肥料について調べていたところ、たまたま立ち寄った
「感動の園芸・儲かる農業」というブログ。

その中の最新記事「味の素も肥料になる」という記事が興味深かったのでご紹介。

<以下引用>

旨み調味料という食品があります。グルタミン酸やイノシン酸が入った調味料。
有名どころでは味の素やミタス、ハイミーなどがそうです。

これら旨み成分はアミノ酸の一種。人間の体が旨み成分を欲するのは、その成分である
アミノ酸を取り込み、タンパク質の合成に効率よく使えるからです。

アミノ酸は、米やパンなど炭水化物からも取れますが、炭水化物から糖に変わる過程を
経なければならないため時間がかかります。
手っ取り早くタンパク質を合成するにはアミノ酸が有効。
なので、人間は旨みのある食品(美味いもの)を好むわけです。

じつは植物も同じ。植物は光合成を経て、炭水化物を作り、それを糖に変えてアミノ酸を作り、
それからタンパク質を合成します。光合成は自体は非常に効率がいい作業なのですが、
アミノ酸に至るまでの行程が多く、時間がかかります。

そこで、アミノ酸を直接散布します。すると植物はアミノ酸を葉面や根から直接吸収し、
タンパク質を合成し、すぐにググッと成長します。

特に天候が悪く、光合成ができないようなときは、植物は成長を止めてしまいます。
しかしそのような時にアミノ酸を与えると、成長することができます。
成長に欠かせない時期には肥料にアミノ酸が含まれているかそうでないかを見極めましょう。

ちなみに、味の素を水に溶かして肥料として畑に撒いたらどうか?

もちろんこれは立派にアミノ酸の補給になります。
ただし、味の素は価格が高いのでコストが合わないかもしれません。

<引用ここまで>

小難しいことが書いているようですが、すごくわかりやすく書いてあると思います。
なんかこう、すっと頭の中に入ってきました。
早速ブックマークしてしまいました。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/14 backlink service]
[11/11 takerururu]
[10/25 おしに]
[10/23 おしに]
[10/17 takerururu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kazu
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/05/08
職業:
地域おこし協力隊(役場嘱託職員)
自己紹介:
新たに地域おこし協力隊を2名加えて、総勢3名で取り組んでいるほうれん草栽培をメインとした村おこし。

今年はなんとしても夏ほうれん草を成功させて、成功モデルケースの土台を固めたいところです。そのためにも、みんなで力を合わせて良い状況に持って行きたいです!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
現在の閲覧人数
フリーエリア

Copyright © おいでなんしょ、おかげ様で田舎です-やすおか村徒然日記- All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]