忍者ブログ
何もないところがいいところ。
2017/09月

≪08月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10月≫
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

<5/27(水)a.m.0:30分更新分>

今日は午前中、トマトの誘引作業+芽かき

今までの定植だけ、誘引だけ、よりも2倍の手間がかかります。大変、腰が。


さて本題。
やすおか村は夏のほうれんそう栽培を今年から本格化しようとして、いろいろと試行錯誤して実際に栽培しています。

そこで、この自分に与えられた仕事が、「照度チェック」と「硝酸チェック」

ほうれん草は元々冬の野菜であって、夏の栽培には向いていません。
その一つの理由が光の強さにあります。

一般に晴天の昼間の太陽光の強さは、約12万ルクス。
ほうれん草が必要な光の強さは2万5千ルクス。このままでは光の強さが強すぎて、商品としてのほうれん草が出来ません。

そこで、「寒冷紗」という遮光カーテンを利用して、光の量を調節します。
c7ee8efb.jpg
しかし、遮光しすぎてもしなさすぎてもだめで、その加減は目では確認できません。
そこで活躍するのが、「照度計」です。
85f15a2c.jpg
照度計は、すぐに数字で照度(ルクス)を計測できる優れもの。
これなら、ハウス栽培で行う場合などで、外の照度と内の照度とを計測し、比較することで、どの程度遮光しているか、また遮光程度は適切か、といったことがわかるようになります。
それが1つめの任務。

2つ目が「硝酸ペーパー」を利用した硝酸チェック。
a56828eb.jpg db73249e.jpg b8300bd5.jpg
ケース、容器          使い方が書いてある        ドイツ製のようだ
やすおかのほうれん草の最終目標は、「サラダほうれん草のように、生で食べてもおいしい、みず菜のようにシャキシャキしたほうれん草」を目指しています。
そのため、ほうれん草特有の「えぐ味」の元となる「硝酸」の量をチェックすることは、必要不可欠。
その硝酸の量を定期的に計測することで、増減の原因を探る手がかりとなり、生産者の方に指導することができるようになります。

まだ1年目でいろいろと課題が山積。
もう少し考えてやればいいのになーと思うことは少なくないけれど、確実に良くなっていけるように無理なく頑張れればいいなぁと思ってます。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/14 backlink service]
[11/11 takerururu]
[10/25 おしに]
[10/23 おしに]
[10/17 takerururu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kazu
年齢:
31
性別:
男性
誕生日:
1986/05/08
職業:
地域おこし協力隊(役場嘱託職員)
自己紹介:
新たに地域おこし協力隊を2名加えて、総勢3名で取り組んでいるほうれん草栽培をメインとした村おこし。

今年はなんとしても夏ほうれん草を成功させて、成功モデルケースの土台を固めたいところです。そのためにも、みんなで力を合わせて良い状況に持って行きたいです!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
現在の閲覧人数
フリーエリア

Copyright © おいでなんしょ、おかげ様で田舎です-やすおか村徒然日記- All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]